胃炎

ピロリ菌と胃炎の関係

ピロリ菌と胃炎との間には高い関連性のあることが分かっています。
胃炎症状がある人の胃がピロリ菌に感染していると、胃がんを生じる恐れがあるということは明かされているのです。

 

ピロリ菌は胃壁にダメージを及ぼす特徴を持つ細菌で、胃の中に住み続けます。
胃液を構成している強い酸でも除去されることはないのです。
ピロリ菌が明らかになった1980年代からさらに研究を続けていって、ピロリ菌と胃炎が密接に関連していることが明らかにされました。

 

慢性胃炎を発症させる要因となるのがピロリ菌であり、胃がんへと発展する確率を上げることも分かりました。
さらには、胃がんだけでなく、大腸がんの引き金にもなる危険があることも判明しています。

 

胃炎などと密接に関連しているピロリ菌は、日本人の二人に一人が気を付けなくてはいけないとされています。
ですが、ピロリ菌が胃にいる人のすべてが胃炎を代表する症状を抱えるようになるとは限らないのです。

 

ピロリ菌がいる人の5%ほどの人に胃炎の症状が起こるようです。
着目すべきことは、胃潰瘍患者の8割以上にピロリ菌感染が見つかったことです。
この点を見ると、ピロリ菌を一掃することが胃炎を緩和させるためには必要不可欠です。

 

平成12年から、日本では胃潰瘍の人がピロリ菌を取り除くケースには保険が適用されますから安心です。
抗生物質を組み合わせて胃中に棲みついているピロリ菌の解消を目指しますが、副作用が見られるのは否めません。

 

副作用が生じるのが嫌な人は、ピロリ菌除去に効果があると言われている食品を積極的に摂る人も多くいます。
コマーシャルでピロリ菌撃退の映像を流している、乳酸菌LG21の入った食品は高い人気を誇っています。

 

こういったヨーグルトは近隣のお店ですぐに購入できます。
しばらく胃炎の症状が続いているようでしたら、こういった商品を手に取ってみることをお勧めします。