胃炎

胃炎と薬

胃炎については、病院に行って、出された薬で十分に治療するのが一番です。
ですが、胃炎を発症している人の中には、市販の胃腸薬を飲めば大丈夫と思っている人もたくさんいるようです。

 

厳密には市販薬を使っても胃炎の症状は改善されるかもしれませんが、患者ごとに作られたものではありません。

 

ドラッグストアに勤めている薬剤師と相談してしっかり説明を受けてから、ベストな薬を服用していくことが極めて重要です。
余計な胃酸が分泌されることで引き起こされる症状は、胃もたれ、胸やけ、胃痛などです。

 

それには、過剰な胃酸分泌を止める「H2ブロッカー」として知られる薬が有効なようです。
ガスター10に関しては、今まで医療機関でしか手に入れられなかった「ファモチジン」を商品化した胃腸薬です。

 

それから、三井Z胃腸薬は医療用として使用されている塩酸ラニリチジンが配合された胃腸薬で、薬の効き目が長いと注目を集めている胃腸薬です。

 

「パンシロンH2ベスト」というロート製薬の市販薬も、シメチジンが入っていて、胃酸の過剰な分泌を抑止することにかけては優秀な薬です。
こうした胃腸薬は、胃炎症状に高い効果を期待できると売れに売れている商品なのです。
ドラックストアで簡単に手に入るからと言って、使い方まで簡単に考えるのは好ましくありません。

 

専門の医師の処方を受けた薬ではないので、効能が低いと思って、決まった量以上に服用する人も多いようです。
説明書に記載されている内容に精通し、間違った仕方で薬を飲まないように細心の注意を払いましょう。

 

何種類もの薬を一緒に用いるのは良くないため、今自分が飲んでいる薬にはどんな作用があるのか分かる状態にしておくべきです。
実際に胃炎の薬を買いに足を運ぶときには、今自分が服用している薬についてメモしていき、症状を全て伝えることが大切です。