胃炎

慢性胃炎の症状

慢性胃炎というのは、自覚症状を感じない人と症状がひどい人、二つのタイプに分かれるようです。

 

自分で症状が分かるケースでは、上腹部のもたれや不快感に悩まされたり、食欲がわかなかったり体のだるさがあったりというような状態になります。

 

食事を済ませると腹痛を引き起こしたり、吐き気、胸やけといった症状が起こったり、深刻になると食べたものを吐き出してしまう場合もあります。
また委縮性胃炎を発症している人の中には吐血するほど状態が悪くなってしまうこともあると言われています。

 

胃粘膜という胃壁を守っている部分が薄くなってしまって、胃の内部にある血管が傷ついてしまうことがその原因であると言われています。
なお、自覚症状が少しもないという人もいます。

 

無症状の慢性胃炎と言われ、気づかないで長い間治療することもなく生活している人が相当数存在すると見込まれています。
慢性胃炎の特徴となる症状が出ないので、今まで慢性胃炎の治療を受けたことがなかったという人も珍しくありません。

 

正確に胃炎だと診断するためには、内視鏡検査・胃のX線検査といった検査が大切です。
胃粘膜の炎症状況をこと細かに知るには、内視鏡を使った検査が適しているようです。
採用される治療方法は、食事療法と同時に薬による治療も行ないます。

 

慢性胃炎を治すためには、食事と薬を用いた治療を継続して行なっていく必要があります。
とはいえ、繰り返し吐血したり薬による改善が見られない時には、手術という手段を選ぶこともあります。

 

胃炎を軽い病だと考えている人が多いのですが、慢性胃炎については胃がんへと進んでしまう可能性があることがデータとして残っています。
因果関係は分かっていません。

 

ですが実際、慢性萎縮性胃炎を患っている人の場合、高い割合で胃がんになることは判明しているようです。
慢性委縮性胃炎の診断を受けた人は、胃がんに転ずる可能性も覚えておいて治療を受けることが肝心です。