胃炎

慢性胃炎の食事

慢性胃炎を緩和させるためには、食事療法を粘り強くしていくことが非常に大事です。
慢性胃炎を抱えている人は、胃炎の状態が長期に及んで悪いままなので、治療も長期間に及ぶことが多いのです。

 

胃液の中の酸度が高いか低いかによって食事の内容は同じではありません。
慢性肥厚性胃炎タイプに大抵起こる過酸症の場合は、刺激物を控えるメニューを心がけます。
それは、なるべく胃酸の分泌を抑制することがとても大切だからです。

 

コショウやトウガラシを代表とする香辛料であったり、コーヒー・紅茶などの飲み物は摂らないように心掛けます。
肉類は胃酸が多く分泌される原因になりますから、主な食材に豆腐や白身魚などを使うようにした食事にしましょう。

 

胃酸が分泌されないように作用するオリーブオイル・バター・ごま油といったものを調理の際に積極的に活用しましょう。
ただ、慢性萎縮性胃炎を引き起こしている場合の低酸症や無酸症の人は、全く違った対応をすることになります。
この胃炎は、消化する力が低下しているので食欲が起こらないようです。

 

そのため、必要な栄養量を少量の食事から摂取することを心掛けましょう。
加えて、胃液の分泌量が多くなるように、料理の中で上手に香辛料を使うと良いようです。
繊維質の食材を避けて、料理で使う食材はより細かく刻むようにして消化を助け、胃がダメージを受けないように注意します。

 

一回にたくさんの量を食べないように、一度の量を少なく、そして食事する回数を多くすることが大切です。
これは言われてすぐにできるということではありませんが、栄養バランスの良い食事を毎日とっていくことが胃炎を治すための最善の方法です。

 

過酸症、低酸症、無酸症いずれの人も、禁煙と禁酒は行なうべき事柄です。
これらは胃炎の引き金になる要因で、発生後はさらに悪化させることにもなりかねないからです。