胃炎

慢性胃炎

慢性胃炎の場合は、原因の特定が非常に困難だということが主な特徴として挙げられます。
胃の内側に炎症が慢性的に起こる症状を指し、2つの種類にタイプ分けできます。

 

まず1つ目のタイプは、「特発性慢性胃炎」と名付けられており、炎症だけ起こるといった症状が特徴です。

 

特発性慢性胃炎の種類として、さらに三つに分けることができます。
「慢性表層性胃炎」、「慢性肥厚性胃炎」、「慢性委縮性胃炎」というのが、それです。
「慢性委縮性胃炎」という胃炎は、胃の内部を守る粘膜が委縮により薄くなるもので、胃酸の分泌が正常にできなくなり、低酸症や無酸症を引き起こします。

 

「慢性表層性胃炎」とは、軽度の胃炎になった人に多く生じるタイプで、炎症が胃壁を守る粘膜の表面に発症します。
比較的治るのも早いですが、慢性委縮性胃炎に発展してしまうことも多いため、病院でしっかり治療することが必要です。

 

慢性肥厚性胃炎の場合は、胃酸過多症という症状が引き起こります。
特発性慢性胃炎という胃炎は、原因の判明が難しく、要因となる事柄が幾つか重なることで引き起こるのではないかと考えれているようです。

 

何度も胃へのダメージがあったり、免疫に異常が起こる自己免疫、または頻繁に急性胃炎になることなどが一因で、慢性胃炎へと移行してしまう人も多いと言われています。
胃に刺激を与えるのはお酒やタバコなどが主なものですが、熱すぎる料理も胃に悪影響を及ぼすようです。

 

また、ストレスも胃にダメージを与えることが判明しています。
二つ目に分類されるのは随伴性慢性胃炎といわれる胃炎のタイプで、胃がん・胃潰瘍などに付随して胃の炎症が誘発されます。
胃・十二指腸潰瘍あるいは胃がんなどの症状を抱えている人のほとんどは、併せて胃炎も抱えているようです。

 

自分の胃に慢性胃炎の症状が生じていても自覚症状がはっきりしていないために、健康診断で明らかになる場合もよくあります。