胃炎

胃炎を緩和させる方法

胃炎の症状を緩和させ、なおかつ習慣化させてしまわないために、食習慣の改善を図ることが必要です。

 

急性の胃炎を治療するにあたっては、胃への刺激が少ない食事を意識しましょう。
胃への負担がないような料理方法を用いた食事を考えましょう。
肉や野菜といった食材についても、工夫して調理を行うことで胃にダメージの与えない料理ができるのです。

 

野菜は加熱することによって、胃にかかる負担を少なくできます。
煮る・蒸す・ゆでるといった調理法があります。
また、小さく切ることでも胃へのダメージを少なくできます。
煮物料理を作りたいなら、圧力鍋を使って調理することで、わずかな時間で柔らかくできるので消化も良いでしょう。

 

皮をむく必要のある食材を使う時は、普段よりも厚めに皮をむきましょう。
ごぼうなど繊維質の野菜を料理で使いたいなら、小さく切っていくことを意識しましょう。
肉料理・魚料理では、脂を落とせるような調理法を考えて調理していくと良いようです。
特に肉類に多くある脂肪の塊は、包丁で切り落としスジがあるものはスジもきちんと取りましょう。

 

肉・魚といった材料についても、網を使って焼くようにすると、脂を取り除くことが可能です。
胃炎の人が肉を食べたいなら、ひき肉を利用したメニューのほうがお勧めです。
フードプロセッサーを使って準備するとひき肉にするのが簡単なので、買っておいても損はないでしょう。

 

肉と同じく魚の場合もミンチにして料理に使うと良いようです。
どうしても揚げ物を食べたい時は、油を少なくして料理していきましょう。
揚げ物の衣には油がたっぷり吸収されていますから、パン粉を使わない揚げ物、唐揚げや素揚げなどを少しだけ食べて我慢しましょう。
胃に優しい食事をするよう心掛けることが大切です。