胃炎

急性胃炎の対処方法

突然症状が起こる急性胃炎の治療は、絶食することで胃を鎮めることから開始します。
急性胃炎の原因が外部からなのか内部からなのかによって、それぞれの治療法があります。
外因性胃炎の治療法は、絶食することから始まり、やわらかい物を食べて静かに寝ることで治していきます。

 

絶食によって荒れた胃を鎮めた後、ぬるま湯やスープを飲んで、次におかゆやうどんなどの食事をするなどと胃への負担を考えながら少しづつ食事を変えていきましょう。
主食以外の食べ物も胃への影響を軽くするためのメニューにします。
できるだけ薄い味付けを意識して、油っこい料理などはなるべく避けるようにし、食物繊維の少ない材料で調理するようにしましょう。

 

炎症の胃を鎮めるために、お菓子などの間食も避けます。
加えて、胃炎が改善されてないうちは、外食も避けてください。
外食の特徴として濃い味付けの料理が多く、胃に強い刺激を与えるメニューが大部分を占めているからです。

 

どうしても外食しなければいけない時は、可能な限り胃への刺激が少ないメニューを選んで、胃炎を悪化させないようにしましょう。
胃炎の症状が改善されても、それから1週間程度は胃にかかる負担が軽い食事を摂り続けます。

 

これらに加えて、カフェインを含んだコーヒーや緑茶などの飲み物、またアルコール飲料などは、数週間は飲まないことが必要です。
食事による回復に努めながら、薬を服用する治療も同時に行なわれることがあります。
鎮痙剤や制酸剤などが胃炎の治療薬としてよく使われます。

 

嘔吐を繰り返すなどして激しい脱水症状が見られる人には、点滴処置が取られるようです。
内因性急性胃炎が発症したら、胃炎の治療と同時に胃炎を引き起こす誘因となった病気の治療が必要となります。

 

胃炎を治す際には、薬による治療より主に食事療法を中心にした治療の方が早く治ると言われています。
胃の不快感がなくなったからと言って、これまでの食事にすぐ戻すことはやめましょう。
胃炎の治療をきっかけに胃にダメージを与えない食事をする習慣を維持していくなら、繰り返し胃炎を起こすということは避けられるでしょう。