胃炎

胃炎の種類

胃炎という病気には、よく知られている通り、慢性胃炎と急性胃炎の2パターンがあります。
胃炎の症状は、胃の内部にある粘膜部分に炎症が起きると胃炎の症状が表れます。

 

急に胃痛や吐き気に襲われる急性の胃炎については、原因がはっきり分かるという特徴があり、内因性のものと外因性のものと分けることができます。
外因性胃炎が起こる原因として考えられるのは、飲食物や薬など様々な原因が挙げられます。

 

とりわけ飲酒による急性胃炎の発症率が最も高く、出血性急性胃炎の50%は過度の飲酒が原因のようです。
コーヒー、緑茶などの過剰摂取や、香辛料の過剰摂取も原因になります。
別の病気と考えがちの食中毒も急性胃炎の症状の一つです。
また、強心剤やアスピリンなどの薬が一因となってしまうケースもあるようです。


胃炎の症状の特徴

内因性急性胃炎の特徴は、体の外部から影響を受けて生じる外因性とは違い、感染症などの合併症として引き起こる急性胃炎のことを表します。
肝臓系の病気や、ジフテリアのように毒素が溜まる伝染病などが要因として挙げられています。

 

アレルギーを引き起こす食べ物を摂取したことで起こる胃炎も、内因性タイプの急性胃炎であるとされます。
急性胃炎は激しい痛みというのが比較的少ないようです。

 

胃炎を引き起こす食べ物などが胃に入ることで、胃に圧迫感を感じたり吐き気を起こすといった症状が起こる場合もあります。
胃炎が深刻化してくると、お腹の上部に痛みを感じる症状も起こります。

 

さらに、体のだるさや頭痛、発熱などの症状を併発する可能性もあります。
急性の胃炎の場合は、そのほとんどが原因を特定できるので、治療しやすいと言われています。
しかしながら、こうした症状は他の病気の場合に起こることもあるので、早めに内視鏡検査を実施している専門クリニックで診察してもらうことが肝心です。
消化器内科や胃腸科で、的確な診断を受けるようにしましょう。